ホーム>初めてのオーダーメイド家具

初めてのオーダーメイド家具

初めてのオーダーメイド家具

初めてのオーダーメイド家具

はじめまして。
オーダー家具製造元「ニード」です。私たちのHPにアクセス頂き、誠にありがとうございます。

このページをご覧になられていると言うことは・・・

  • 既製品で家具を探していたが気に入ったモノが見つからない。
  • 住宅を新築・リフォームしていて、オーダー家具も検討している。
  • マンションを購入したが、オプション家具が高額で悩んでいる。
  • 今使っている家具が壊れて修理したいが、依頼先が分からなくて困っている。
  • 現在、オーダー家具を検討中だがイマイチ気に入っていない。
  • お店で使っている什器(レジ台や陳列棚など)が壊れて修理したい。
  • お店を新規開店したいが、什器を作ってくれる発注先が分からない。

そんなお悩みがあって、たどり着いたのでは無いでしょうか?
オーダー家具、什器はニッチな製品。通常の生活では、ほとんど触れる機会はありません。
この様なお悩みをお持ちの方が多いのも当然です。そんなオーダー家具にお悩みを持った皆様ですが、多くの方はきっと

「オーダー家具って高いんだろうな~」
「オーダー家具って難しそうだし、知識が無いから無理だよ」

そんな風にお考えではないでしょうか?そんなコトはありません。安心して下さい。

改めまして「ニード」で、オーダー家具のアドバイザー・設計・デザインを担当している中野です。
作り手時代も含めると、この道25年になります。不安いっぱいの皆様のために「オーダー家具」を分かりやすく
まとめてみました。

では、オーダー家具とは?一体どんなモノを言うのでしょう。

オーダー家具・什器って何?

オーダー家具・什器って何?

オーダー家具は他にも、造作家具・造り付け家具などとも呼ばれますが、
全て同じです。簡単にいうと『素材・デザイン・使い勝手・サイズを、
お客さまに一人ひとりに合わせて設計・製作した世界にひとつだけの
オンリーワン家具』です。

お店で使う「什器」もオーダー家具の部類に入ります。
商用で使う為に呼び名が変わるダケで同じです。
色々なお店に合わせたデザイン・使い勝手・サイズで製作する製品です。

製作可能な範囲はキッチン・キッチン収納(食器棚)・洗面台・TV台・壁面収納・本棚・ダイニングテーブルなど、家具と呼ばれる全てがオーダー可能です。
お店で言うと、レジ台・カウンター・陳列棚・ステージ(平台)・ロッカー・壁面収納などが製作可能です。

また、多くの方は、この疑問もあるのではないでしょうか?

既製品・マンションのオプション家具とどう違うの?

既製品・マンションのオプション家具とどう違うの?

既製品の家具は何といっても価格が安い。これに尽きると思います。
皆さん、家具えらびで、こんな経験はありませんか?

「デザインは気に入ったけどサイズが合わない」
「この木目が良いけど色が気に要らない」
「ガラスの扉ならもっと良いのに・・」
「システムキッチンの扉・柄に合うものがあれば」
「もう、これで良いよ・・・・。」

既製品は今ある商品の中から選ぶしか選択肢はありません。
サイズ、色、柄、デザイン、使い勝手など・・納得できる商品を探すのは
楽しいハズが、気に入ったモノが見つからず、結局は妥協して
「もうこれで良いんじゃない」そんな選び方になりかねません。

「説明書見ても良くわからないなぁ・・。」
価格は驚くほど安いが、組立てはお客様自身が行うモノのも多く見られます。
組立てるにも、最低限の道具(ドライバー、金ずちets)は必要です・・・
DIYブームとは言え素人には根気と時間が必要です。

既製品家具とオーダー家具を比較すると、価格こそ高額になりますが、

「高さ・幅・奥行きなど、サイズはピッタリ」、「色・柄は好きなモノを選べる」、「使い勝手は自分のライフスタイルに合わせた収納にできる」など、世界にたった一つのオンリーワン家具が手に入ります。

マンションを購入された方のお悩みとしては・・・

マンションオプション家具って、特別な家具だから高いの?

マンションを購入された方のお悩みとしては・・・

「このオプション家具は、ウチのオリジナル製品なので他では
手に入りませんよ。」

こんな説明を受けたコトがあると思います。それもそのハズ、マンションの
オプション家具の多くがオーダー家具です。(中にはメーカーが製品化した
家具もあります)マンション販売元がデザイン・設計し、私どもと同業の会社が製作して納品します。

「オプション家具って格好イイけど、高いなぁ・・どうしようか・・・」
そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

マンションオプション家具は、当然ながらマンション販売元からの購入です。
ただ、マンション販売元とお客さまがダイレクトに繋がれば良いのですが、中には、間に中間業者が入る場合もあり、高額な商品になりかねません。

「オーダー家具は、製造元の工場に直接発注するのが一番お得!」

ここまでをお読みになった皆様は、

「思いの家具が見つからないし、オーダー家具もちょっと気になる。」
「オーダー家具ってどの位の金額なんだろ?」
「オプション家具と同じデザイン・機能の家具を直接オーダーした場合の比較をしたい。」
そんな方が多いのでは
無いでしょうか?

売り込みでも何でもありません。ハッキリ申し上げます。

オーダー家具は、中間業者を一切挟まない  直接発注が一番お得です。

「そんなの当たり前だよ。でも、頼み方も分からないし面倒だし・・」
そうですよね。では、ここからはオーダー家具の頼み方、家具屋えらびのポイントをお伝えします。

まずは無料見積りで、金額をつかみましょう

カンタンなスケッチ

オーダー家具を頼むには、まず何に使う家具なのか・サイズはどれだけか・
使い勝手はどうしたいか・などをカンタンなスケッチで書くことが必要です。

こんな風なカンタンなスケッチでOK。
後はイメージに近い家具の画像(ネットやカタログ)を添付すれば尚良し
(あればでOK)より具体的な金額が分かります。
それを、メールかFAXすれば、カンタンに見積りが出ます。
※まだ検討中だから直接の電話はイヤ。売り込まれるとイヤな方も含めて、
気軽にできるメールの方が良いと思います。

見積り金額を確認して、実行予算(ご自身の思いの金額)と比べて検討しましょう。

最初に思い切って、予算を伝えるのもひとつです。
希望の金額に合えば具体的な打合せに入ります。

「見積りのとり方は分かったケド、実際どこの会社に言えばいいの?」
「初めてなのに、自分に合う会社なんて分からないよ・・・。」

そうですよね。初めてオーダー家具を依頼する方にとって、家具屋えらびは正直わかりません。でも安心して下さい。
カンタンに見分ける3つポイントがあります。

POINT1 たくさんの施工実績がある会社

オーダー家具はノウハウの蓄積が、その会社の力量と言っても過言ではありません。
ノウハウの蓄積には、施工実績の数です!お客様の依頼を受けた数が多ければ多いほど、ノウハウも蓄積されます。

POINT2 図面やパース(姿図)資料を出してくれる会社

オーダー家具は、姿かたちの無いモノをゼロから作り上げます。姿かたちが無いとイメージ・サイズも分かりません。
そのためには図面・パース(姿図)が必要。

「図面・パースをいただけますか?」こう聞いて見てください。

POINT3 実物サンプルがあり、目・手で触れることができる

オーダー家具は、完成するまで実際に見たり触れたりすることができません。

しかし、素材・使い勝手・サイズがつかめる実物サンプルがあればどうでしょう?イメージもつかめる。素材の触った感じも分かる。使い勝手も確認できますよね。
なので、素材・とびらや引出しなど、具体的なイメージを膨らませるサンプルを用意してくれるコトは重要です。

いかがでしたか? カンタンに分かる家具屋えらびの3つのポイントでした。
モチロン、これが全てではありません。しかし、最低限おさえておきたいポイントです。ぜひ、参考にしてください。

オーダー家具屋には目で見えない種類がある?

最後になりますが、実はオーダー家具屋には外からでは分からない種類がります。
こう言うと「え?どういうコト」そう思いますよね。
実際、数あるオーダー家具屋には得意・不得意があり、大きく分けて3つに分かれます。

  1. 店舗(お店)の家具(什器)が得意。
  2. 住宅の家具が得意。
  3. 公共施設の家具が得意

これからオーダー家具(什器)を検討したい。実際に頼みたいと思う方は、このポイントも重要です。

お店で使う家具(什器)を頼みたい・自宅で使う家具を頼みたい、それによっては、家具屋えらびも変わるので、ぜひ参考にしてください。得意・不得意は、施工実績を見れば一目瞭然。ホームページよ~く見てみましょう。